Melty Rice

Melty Riceは100g中【食物繊維】31.5g【穀物酢】16g入ったお米ライク食品です。甘みと酸味が有りそのまま召し上がれます。又、口中溶解性が良く嚥下に支障がではじめた、ご年配の方でも食べやすくなっています。

あなたの体調不良、もしかしたら“腸”から来ているのかも?ご存知でしょうか。
人に存在している免疫細胞の約6割は腸に存在しているのです。バリア機能にとても優れているのですね。
「最近、なんだか元気がでない。」「調子が優れない。」そんな体の不調はあなたの腸が原因かもしれません。

腸の働きが悪くなるともちろんバリア機能の働きも弱まってしまいます。
腸がダウンすることで体に存在する大部分のバリア機能の働きも同時に低下してしまい体調不良を起こしやすくなってしまうのです。
腸のバリア機能の低下による影響はこれだけではありません。
バリア機能の低下や悪玉菌などが増えることなどによって腸粘膜が炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。
腸は炎症が起きると穴が開いたような状態になります。
この状態は“腸もれ”とも呼ばれ最近話題になっている症状ですね。
腸もれを起こすと本来ならば便として体の外へ出してしまうべき不要なものが排出されずに腸の外へ漏れ出し、体に悪さをしてしまうのです。

このように腸は私たちの健康に大きく関わっているのですね。
腸のケアは私たちの健康にダイレクトにつながっていきます。
今、この腸に注目した健康管理がまさに注目を集めているのです。

「メルティライス スイートビネガー味」とは【お酢】と【食物繊維】が同時に摂れる まったく新しい腸のサポート食品
腸を意識した健康管理が大事だとは分かっていても、それを実行するのはなかなか難しいもの。
ヨーグルトを毎日食べる?それとも乳酸菌の入ったサプリメントを摂ってみる?でも毎日ヨーグルトを食べるのは大変だしいつかは飽きてしまう。
サプリメントも途中で面倒になって続けられない。
もっと簡単に毎日続けられるものがあったら…。
そんな願いを叶える商品がこの「メルティライス」なのです。
メルティライスの特徴はズバリ「食物繊維」と「穀物酢」。
いつもの食事に簡単且つ同時に取り入れられるメルティライスがあなたの腸の働きをサポートします。

1袋(20g)に食物繊維がなんと6300mgも。不足しがちな食物繊維を簡単に補えます。
1粒の大きさは小豆程度。気軽にいつものお食事に使えます。
疲労回復や美容にも良いお酢がキレイをサポートします。
飲み物やスープなどに溶かして飲む必要はありません。お食事の一部や空腹時のサポートとして召し上がれるので、外出中や職場などで飽きることや面倒になることも無くお手軽に召し上がれます。
まるで酢飯の様な食感と程よい甘さと酸味がそのまま召し上がれるおいしさの秘密です。

メルティライスに含まれている成分の約31.50%が食物繊維。
厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準。
これによると、推奨されている1日の食物繊維の摂取量は約20g。
それと比べて実際に私たちが日々の食事で摂っている食物繊維は20代の男女ではわずか約12gしかありません。
最も食物繊維を多く摂取している60代から70代の人でも1日に約16gしか摂取していないのです。
メルティライスには1袋(20g)あたり食物繊維が6300mg含まれています。
これはちょうど私たちの生活で不足している食物繊維の量と同じくらいの量ですね。
つまり、日々の生活にメルティライスを1袋取り入れるだけで不足していた食物繊維を簡単に補うことができてしまうのです。

 

【食物繊維と相性の良い「穀物酢」を約16%配合】

 

【メルティライスに使用している食物繊維のこだわり】
メルティライスに含まれている食物繊維の大部分は水溶性の食物繊維であるポリデキストロースと呼ばれているもの。
実はこのポリデキストロース、創業200年以上もの歴史を持つ世界でも有数の化学メーカー“デュポン”が作ったライテス®という商品を使用しているのです。
デュポンは世界中の化学メーカーの売り上げランキングでもTOP10に入るほどの超有名メーカー。
メルティライスにはそんなデュポンが作ったこだわりのライテス®を使用しています。
デュポンが明らかにした食物繊維の働き。
デュポンが製造しているライテスには以下のような働きが確認されています。

 

【カロリー摂取が5-15%低減】

 

 

カロリー摂取に関するメタ分析の結果、6.25~25gのライテス®を朝食と昼食の間に摂取すると、昼食でのカロリー摂取が5~15%低減すると結論付けました。
デュポンニュートリション&ヘルスのシニアサイエンティストであり、また本レビューのメンバーでもあるDr. Alvin Ibarraは、「このカロリー摂取の低減分は夕食等の他の食事で補完されず、結果、その日の総摂取カロリーを大きく低減させることが可能だとわかりました」と述べています。

 

 

【食欲への影響】


メタ分析による食欲の評価でも、ライテス®は好ましい影響を及ぼすことが確認されました。
Dr. Ibarraは次のように語ります。
「この結果は、ライテス®を含む食事を摂った直後には食への欲求が減少させられる事を示しています。
また、ライテス®摂取後では空腹感の減少と食事と次の食事の間の満足感が上昇する傾向もあるとの報告です。
(参考:デュポン 食物繊維の食欲抑制効果を確認 | デュポン ジャパン
http://www.dupont.co.jp/corporate-functions/media/press-releases/newsrelease-20160307.html)
有害な副作用なしに有意に改善された腸機能
良好な腸内微生物叢(Bifidobacteria and Lactobacilli)の開発
結腸内での微生物発酵による短鎖脂肪酸(SCFAs)の酪酸を含む生産の増加
結腸のpHの低下
小腸からのグルコース吸収の減少
等のデータも発表されています。
メルティライスでは既に米国は勿論、日本でも食品と認定されていて、高価ではあるものの、これら素晴らしい機能を持っているライテス®をふんだんに使い、最近様々なメディアで腸もれにも良いと発表されている【お酢】とライテス®【食物繊維】の組み合わせをしたお米ライクの食品になります。
是非一度、時間の無い方はそのままお手軽に、又、時間のある時に様々な料理と組み合わせてご堪能下さい。
注1:ライテス®の効能につきましは米国デュポン社が様々な検証結果をすでに発表しているものです。
注2:水溶性食物繊維の摂取目安として1日1袋(20g)としていますが、体調や体質に個人差があり多量に服用しますとお腹が緩くなることがございます。